当園は、昭和49年4月に開園をして平成14年8月に現在の場所に移転をし新園舎を建築しました。新園舎は幼稚園の基本とされている『環境を通して行う』その目的をはたすべく『環境を重視し、体に優しい、温もりのある園舎』を建築しました。園の内外に緑を多く配置し、広い園庭でこどもたちがのびのびと元気よく自由にお遊びができるようにしてあります。

 園児に《自ら学び・自ら考える》《生きる力の基礎を育成する》ことを目標とし、豊かな人間性や社会性を身につけ、グローバル化・国際社会に生きうる基礎を育む教育に努力をしております。教育には、人格の形成を目指し、個人の能力を助長し、自立した人間を育てる使命があります。

 特に、家庭は教育の原点であり、すべての教育の出発点であります。毎日暖かい目で見守って頂いている保護者の皆様と幼稚園が緊密に連携し、そして地域の皆様のご協力を頂き、21世紀を背負うこどもたちの教育にあたることが大切です。しっかりとした礎を育て、器の大きなこどもになってくれるよう教職員一人一人が愛情を持って取り組んでおります。

 幼稚園は、お子様の初めての集団での教育の場であります。お子様ひとりひとりを大切に見つめ心身共に健全な育成に努めてまいります。日本の将来を担うこどもたち、いますぐ確かめることはできないけれど近い将来そうなってくれると思う願いをこめて、たえず責任ある保育をすべく努力を重ね取り組んでまいります。皆様のご協力の程お願い申し上げます。