交通安全指導

先日の保護者参観日では、親子でたくさん遊んでいただきありがとうございました。また、幼稚園生活の一部を見ていただくことができ、保護者の皆様も楽しい時間を過ごしていただけたのではと思います。

特に年少組さんは入園して二ヶ月で多くの事を学び、幼稚園で生活していく知恵をたくさん身に着けて、自信を持って生活している様子をご覧いただけたのではないでしょうか。そして年中・年長組さんは、ルールのある遊びをおうちの方に伝えながら嬉しそうに遊んでいて、みんなが笑顔で楽しい参観日となりました。

保護者の皆様、ご協力ありがとうございました。

 

今日は交通安全学び隊の方が来園し、横断歩道の渡り方や安全確認の仕方をわかりやすく教えていただきました。

P6113294「たったひとつの命」車にぶつかると割れてしまう赤い風船を命に見立て、「大切にしよう」と話していました。子ども達は『パン‼』という音に驚いて、消えてなくなる怖さを感じていました。

P6113303年長組のお友達が代表でパズルを合わせてくれました。信号機や「とまれ」の看板を見て、標識の大切さを知り、走っている車に少しでも早く自分の居場所を知らせることで事故を防ぐことが出来ることを教えていただきました。

P6113311

最後はかえるの歌の曲に合わせて替え歌です。

P6113314手を挙げて、右、左、右 よく見てわたりましょう。

P6113319まなちゃん、クウちゃん、ありがとうございました。

本日、反射キーホルダーをお持ち帰りしました。交通安全の大切さを忘れないでいてほしいと思います。

子どもは大人の真似をしていきます。ご家庭でも、道路を渡る時は少し遠回りになっても横断歩道を渡るようにして下さい。

Share on GREE